それぞれの役割

毎日のスキンケアとして使用している化粧水、乳液、美容液ですが、それぞれにとても重要な役割があります。

洗顔をすると肌についた汚れを洗い落とす事が出来ます。ですがそれと共に肌の保湿には欠かせないセラミドやNMF等も洗い落としてしまうのです。それをそのまま放置してしまうと角質層から水分を蒸発させてしまい、肌が乾燥をして肌には良くありません。

そこでそれを防ぐために使うのが化粧水です。化粧水を付けることによって肌に水分が補給され、もっちりとしたハリが保てることが出来ます。

化粧水は角質の水分を補給する役割と考えると、乳液は適度な油分を含んでいる為、皮膚からの水分の発散を防いでくれるという大切な役割があります。そして美容液は化粧水や乳液の補給と保湿の役割以外に、潤いだけでなく、肌をみずみずしく保つという働きがあり、さらには美白やリフトアップというプラスアルファの効果があります。

そこでそれぞれの効果を最大限発揮させる為には使用順番もとても大事です。

一般的には化粧水→乳液→美容液の順で付けると言われていますが、実際には順番は違います。正しくは化粧水→美容液→乳液の順に使うのが正解です。

化粧水で水分補給をして、美容液で十分な保湿、そして乳液でその蒸発を防ぐのです。最近は忙しさのあまり化粧水や乳液を省き、美容液だけで十分と考えている人もいますが、美容液は化粧水や乳液を使用する事によって効果を発揮する事が出来ます。

そこでそれぞれの相乗効果を高めながらスキンケアをする事によって、素晴らしい肌を保つことが出来るので、それぞれの役割をしっかり理解し、使用する事が大切だと思います。

スキンケアとコスメ選びトップへ