健康美顔の敵は紫外線と乾燥

「色の白いは七難隠す」というように、昔から色白への羨望は高かったようです。

それは農耕民族である日本の女性は、季節を問わず田んぼや畑での作業をするため、そういったことと縁のない色白な高い身分の女性への憧れや嫉妬もあったのでしょう。

現代でも色白は「美肌」と共通に考えられ、女性美の永遠のテーマになっています。
これと同じく女性美のテーマと言えるのは「アンチエイジング」でしょうか。

これらの女性美へのケアについて、女性雑誌やコスメ用品で多くの情報を得ることが出来ますが、ここではお金と時間と手間を掛けない方法でのポイントを2点お教えしましょう。

まず女性美のテーマを『健康美顔』のテーマと考え直しましょう。
10代20代は肌のハリもあり、ちょっとした日焼けも気にならなかったはずです。であれば、朝起きて普通に洗顔をしたら、タップリの保湿とUVクリームを塗ることだけで十分でしょう。マナーとしてお化粧が必要な場合以外は、基本的にはこれ以上のケアは必要がありません。

UVの効果が時間や汗をかいたことで薄れた場合と就寝前には、必ず洗顔(お化粧をた場合はクレンジング)後の保湿とUVクリーム(就寝前は不要)をこまめにすることで、30代40代になってから「シミ・シワ・ハリ・美白」の違いが『健康美顔』となり、お金と時間と手間を掛けずに「美肌」「アンチエイジング」に成功したことを実感できるでしょう。

妊活サプリメント

お手軽簡単!部分パック

最近、小じわが気になり出しました。しかし、気になる部分は3カ所です。

眉間と目尻とほうれい線です。顔面パックは単価が高くなる上に、パックしなくても良いところまでパックすることとなります。でも、最近良い方法を思いつきました。

コットンに手持ちの化粧水をたっぷりつけて、気になる部分をパックするのです。

使用する化粧水はお肌にあった化粧水で、たっぷり付けられるようにあまり高価でないものを選びます。長い間付けていると乾燥してしまうので、乾燥する前には外します。

5分くらいするだけでも、随分潤いが違ってきます。現在市販されているコットンではだんだん乾燥してしまいます。手持ちの化粧水が含ませられる、片面が乾燥しないような湿布やパックマスクに使用されている素材のコットンの開発がされれば、即、購入するのにと思っています。

また、コットンがない場所や旅行時では、テッシュペーパーで代用します。
小さく切って、3枚重ねくらいにすると、もう、立派なコットンに大変身です。

部分パックは通常のパックよりも、お安くお手軽で効果のあるスキンケアです。

メディプラスゲル 最安値

美肌のために

女性なら、皆さん、綺麗になりたいという思いはありますよね?

新しいスキンケア商品を試しては変えて、と色々な商品を渡り歩いている女性も、少なくないのではないでしょうか?
しかし、美肌のためにできる基本的なポイントやコツは、どんなスキンケア商品も同じだと思うのです。

今日は、その簡単なコツやポイントをご紹介いたします。
洗顔をする時
洗う水の温度が熱すぎてはなりません!冬場はどうしても、熱いお水で洗顔したくなりますよね?

しかし、そうすると、お肌の乾燥をまねいてしまい、どんなに高い商品を使っていても意味がありません。つぎに、顔を強くこすってはいけません。強くゴシゴシとこすれば、汚れが落ちそうですが、そうではありません。強くこする事で、皮膚が動いてしまい、毛穴の奥の汚れを落とす事ができなくなるのです。
化粧水や乳液をぬる時
手のひらにとり、ゆっくりと頬を包み込む。
栄養が行き届くように、ゆっくりとおこないます。

簡単な事ですが、たったこれだけのことを注意するだけで、美肌への道は、ぐっと近くなります。毎日のスキンケアが、少し雑だったかも、という方は、今日から実践してみてはどうでしょうか。

すべすべ陶器肌

陶器肌のつくり方を教えます。大事なのは毎日のお肌のケアとベースメイクです。

  • 洗顔はしっかり泡立てのせること
  • 肌を触れず泡を動かす感じで洗うこと
  • ぬるま湯ですすぐこと。・最後は冷水でしめること

これらが洗顔に関してのポイントです。肌をごしごししてしまうと傷んでしまうので、丁寧にやさしくすることを心がけてください。

そのあとは、化粧水をじっくりなじませます。肌がオイリーな人はノンオイルの化粧水を使うことをおすすめします。

そして、乳液をつけたら、ティッシュで拭き取ります。こうすることで余分な油がとれ、化粧おちを防ぐことができます。あとは色つきの下地を薄く塗ります。色がついてることが顔全体が明るく見えます。

ここでクマが濃い人は薄くコンシーラーを塗ります。手ではなくスポンジでおしこむようにしましょう。

そして、リキッドファンデーションで全体を色づけます。この時もスポンジで叩き込むようにして塗ります。すーっと流れるようにぬると、肌に浸透しないので、厚塗りっぽくなってしまいます。これできれいな陶器肌になっていると思います。

http://ワキの脱毛.jp/